1. 企業研修・法人研修トップ
  2. 研修講座一覧
  3. SE向け研修
  4. 効果てき面!アプリケーションSEのためのインタビュー技法習得

SE向け研修

効果てき面!アプリケーションSEのためのインタビュー技法習得

内容

インタビューは事前準備が大切です。せっかく相手からもらった面談時間を有効に活用できているでしょうか?本コースでは抽象化・類推のテクニックを使い、様々な業種の顧客に対して経営環境、現行業務、業務課題を効率的に収集するテンプレートと方法を事例企業をもとにグループワークで習得します。学習したインタビュー技法は、即、実務で活用できる実践的な内容です。システム導入等を検討されている顧客訪問時に是非、利用して下さい。現在または今後、営業同行して顧客インタビューを実施されるようなSEの方々向けに役立つコースです。

抽象化、類推の意義を理解し、ビジネスプロセスの特徴、階層例、要求の階層的定義を把握した上で、ビジネスモデルを実現するために存在しているバリューチェーン特性を再確認し、事例企業を対象にグループワーク中心にインタビュー技法を習得します。

対象者

提案力を高めたいITエンジニアの方、PMの方々

期間(研修タイプ)

1社向け、1日

日程

応相談

学習範囲

1.抽象化と類推(アナロジー)
・抽象化とは
・類推(アナロジー)とその5段階レベル
【ワークショップ】製造を「抽象化」して捉える

2.ビジネスプロスの特徴
・ビジネスプロセスの特徴
・業務プロセスの階層例
・ビジネスプロセスへの要求の階層的定義

3.バリューチェーン特性の把握
・バリューチェーンとは(狭義・広義)
・業務参照モデルをどう個別企業の業務に適用するのか
・バリューチェーン特性調査シート
【ワークショップ】バリューチェーン特性を把握する

4.業務課題質問用インタビューシートの作成と質問
・ヒアリングと質問(インタビュー)の違い
・質問(インタビュー)の効果
・業務課題質問インタビューシートとは
・質問を準備、質問する

前提条件

実務経験3年以上

研修費用

お問合せ下さい

備考

講座No.CC8