1. 企業研修・法人研修トップ
  2. 研修講座一覧
  3. SE向け研修

SE向け研修

ロゴ画像

SE(システムエンジニア)としてのスキルアップが可能になる実用的な講座を揃えました。
SEは経験・知識・技術への理解、タスクの管理と遂行能力というエンジニアとしてのすべての領域を求められる上に、提案力や分析力も必要とされます。
要件定義のためにヒアリング、提案、資料作成の3講座をはじめとして、データ分析や業務効率化についての講座、さらに、提案型技術者になるためのビジネススキル講座、例えば会議の進行のためのファシリテーション研修などをご用意しています。

研修講座名

研修期間

研修費用

  • インタビューは事前準備が大切です。せっかく相手からもらった面談時間を有効に活用できているでしょうか?本コースでは抽象化・類推のテクニックを使い、様々な業種の顧客に対して経営環境、現行業務、業務課題を効率的に収集するテンプレートと方法を事例企業をもとにグループワークで習得します。学習したインタビュー技法は、即、実務で活用できる実践的な内容です。システム導入等を検討されている顧客訪問時に是非、利用して下さい。現在または今後、営業同行して顧客インタビューを実施されるようなSEの方々向けに役立つコースです。

    抽象化、類推の意義を理解し、ビジネスプロセスの特徴、階層例、要求の階層的定義を把握した上で、ビジネスモデルを実現するために存在しているバリューチェーン特性を再確認し、事例企業を対象にグループワーク中心にインタビュー技法を習得します。

    1社向け、1日

    お問合せ下さい

  • 論理思考のステップは、①対象の抽象化、②適切な階層への構造化、③類推、④因果関係付け、さらに複雑な構造に対する⑤システム思考、最後に対象への推論となります。論理思考を利用した業務参照モデルを含む現状業務把握のフレームワークを学習して頂きます。

    論理思考のステップを講義と演習を通じて学び、業務参照モデルを利用した実践的な業務分析のしかたを体感します。

    1社向け、1日

    お問合せ下さい

  • モデル企業のケーススタディを通じてビジネスアナリシスの源流を体感し、GUTSY-4(※1)の業務参照モデルを含む顧客提案のフレームワークとビジネスアナリシスにおける要求の種類とその関係を学習します。
    ※1:Grand Unified Theory Synchronizing 4 models

    1社向け、1日

    お問合せ下さい

  • 業務参照モデルを活用した業務分析手法を演習中心に学びます。業務参照モデルは、業務プロセスを調査、分析、設計する際に、全くの白紙からではなく、仮説として利用できるコンテンツ、この仮説を活用した業務分析手法でプロセスの抜けの発見、モデリングの生産性の向上、顧客から的確な課題設定、解決策の引き出しが行えます。

    演習では受講生が経験した業務知識が他の業種・業務へ転用可能なことを体感してもらい、さらなる業務参照モデルを活用した業務分析手法の有効性と可能性を持ち帰ってもらう内容となっています。

    1社向け、1日

    お問い合わせください

  • 実在した企業をモデルにした仮想企業を取り上げ、経営戦略企画書とIT経営企画書の作成を中心とするストラテジー領域を疑似体験してもらいます。受講者はグループ演習と顧客プレゼンを想定した発表演習を通じて、SEとしての顧客提案力や課題解決力および「コミュニケーション能力向上が図れます。日常業務を超えて、経営視点から改善・改革を考える機会となり、自社および顧客との様々な場面で活躍するための知識向上とスキルアップに役立ちます。

    1社向け、1日

    お問合せ下さい

  • Webシステムついて、高可用性、負荷分散を考慮した柔軟な構成を学習することにより、それぞれの役割を修得します。
    また各サーバの障害時の復旧やスケールイン・アウト対応などの運用・保守、システムを構成するOS、ミドルウェア、ネットワークなどの各要素に関するな考え方も修得します。

    1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • エンタープライズ ITサービスの基盤となるインフラの企画・設計・構築・運用業務においてオンプレ、クラウドまたはハイブリッド、その他外部サービスを用いて要件に沿ったアーキテクチャを構築するための原則となる考え方を学習します。
    新規、拡張、リプレース案件の際に必要となるインフラの設計要素、またサイジング、リスク分析、コスト試算などインフラアーキテクチャについて方向性や考え方を広く学びます。
    システム全体の要素(オンプレ、仮想化、クラウド、IaaS、PaaS、SaaS、DaaS等)の特徴やメリット・デメリットを学ぶことができます。

    1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • IT系企業の”あるある”
     ・顧客の声を聞くことなしにサービス開発している
     ・逆に、言われるがままの開発をしている

    このような企業が、
    顧客の潜在ニーズのとらえ方を知ることで、成熟段階に入った既存事業を、再成長軌道に乗せることが出来るようになる。

    既存事業の再成長は、新事業よりも低いリスクで取り組むことが可能。
    そのヒケツをお伝えします。

    一社向け:4h
    ※調整可能

    お問合せ下さい

  • やるとやらないとでは大きな差がつく、仕事への取組み姿勢と実践について、事例と演習を含めたカリキュラムにより、学習内容の定着を図ります。

    ・仕事の基本を理解する
    仕事のプロセスを理解し、自ら実践ができる

    一社向け:6h
    ※調整可能

    お問合せ下さい

  • 仕様変更で悩まないための基本スキルを事例と演習を含めたカリキュラムにより、学習内容の定着を図ります。

    ・仕事の基本を理解する
    仕事のプロセスを理解し、自ら実践ができる

    一社向け:6h
    ※調整可能

    お問合せ下さい

  • 1)プロフェッショナルとは
    2)プロフェッションナルという考え方を身につけるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)ロジカルシンキングとは
    2)ロジカルシンキングを向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)資料作成力とは
    2)資料作成力を向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)クライアント視点にたったコミュニケーションとは
    2)クライアント視点にたったコミュニケーションスキルを向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)効率的なエクセル活用力とは
    2)エクセル活用力を向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)会議ファシリテーションとは
    2)会議ファシリテーション力を向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)タスク管理とは
    2)タスク管理力を向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)データ分析とは
    2)データ分析力を向上させるのに重要なこと
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)業務効率化による業務改善
    2)業務改善の進め方
    3)解決案の検討
    4)業務改善事例
    5)VBAの活用
    6)プログラムの演習

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)Pythonとは
    2)Pythonの基礎演習
    3)実践型演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)要件定義とは
    2)提案スキル向上に重要なこと
    3)提案スキル向上演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問合せ下さい

  • 1)要件定義とは
    2)ヒアリングスキル向上に重要なこと
    3)ヒアリングスキル向上演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問い合わせ下さい

  • 1)要件定義とは
    2)資料作成スキル向上に重要なこと
    3)資料作成スキル向上演習(個人ワーク、グループワーク、発表など)
    4)まとめ

    一社向け : 1日(6時間)

    お問い合わせ下さい