1. 企業研修・法人研修トップ
  2. 特集ページ

​​ITパスポートとは?
研修の進め方やITスキルが重要視されている理由も解説

​​ITパスポート研修

昨今では、DX推進や生産性向上の観点から社内や個人のITリテラシー向上が求められています。そのなかで、ITの基礎知識やデジタル関係のリテラシーを学ぶ際には、「​​ITパスポート」の資格取得が検討されます。

​​ITパスポートを取得することで、IT関係の知識やリテラシーに関する基本的な学習ができていることを証明できるため、対外的な知識の証明にもなります。

本記事では​​ITパスポートの基本と、資格取得するためのポイントを解説します。ITの知識が重要視されている理由も紹介するためぜひ参考にしてください。

「KENスクール」が提供する各種研修・講座の活用は、社内全体のITスキルを上昇させ、事業に活かせる環境の整備につながります。この機会にKENスクールの講座や研修プランをチェックし、ぜひ社内のITスキル向上にご活用ください。

ITパスポートとは?

資格

ITパスポートとは、ITに関する基礎知識を持つことを証明できる国家資格です。現代社会において、デジタル業務やITの知識を活用した仕事は多くの業界・職業で必要とされています。ITパスポートは、そのような社会に出て働くために必要な基礎知識を学べる資格として、広く認知されています。

ITパスポートは経済産業省が認定する国家資格であり、多くの人が受験に挑戦しています。令和4年度における応募者数は初めて25万人を突破し、2年前の令和2年度と比較すると1.5倍以上の数を記録しています。IT業界だけに限らず多くの業界で働く人材が、資格取得を目指している背景があります。

特に昨今は金融・保険・不動産系での活用が目立ち、業務別にみると営業・販売といった非IT職の応募者が増えています。今後もIT系の職業に限らず、さまざまな業界でITパスポートが利用される可能性があるでしょう。

昨今では、企業の社内研修としてもITパスポートの取得が行われています。

ITパスポート研修を活用した企業の事例

社内研修

ITパスポート研修を活用し、成果を出している企業は多数あります。ITパスポート研修は集合研修やオンライン研修など、さまざまなスタイルで実施できるため、導入しやすい点が企業にとって魅力となっています。ITパスポート研修を実施する目的も多様で、ITパスポートの取得だけでなく、事業全体のDXリテラシーの向上を図るために研修を行うケースもあります。

そのほか人材育成の一環として、ITパスポートの取得および研修を実施している企業も多いです。ある企業では研修を外部に委託することで、基礎知識と現場で応用できる知識の獲得をスムーズに進めることに成功しています。ITパスポートの重要性は今後も高まる可能性があるため、積極的にITパスポート研修を導入する企業も増えると予想されます。

ITスキルが求められている時代背景

ポイント

昨今はITスキルが、多くの業界で求められる時代になっています。ITスキルの重要性が高まっていることには、さまざまな理由があります。その背景を理解することは、ITパスポートで取得した知識を活かすために役立ちます。以下では、ITスキルが求められている時代背景と、その重要性について解説します。

「KENスクール」が提供する各種研修・講座の活用は、社内全体のITスキルを上昇させ、事業に活かせる環境の整備につながります。この機会にKENスクールの講座や研修プランをチェックし、ぜひ社内のITスキル向上にご活用ください。

背景1DX推進が盛んに行われている

近年話題となっている「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の普及は、ITスキルの重要性を高める要因の1つです。少子高齢化が進むなか、少数のリソースで事業を展開するためには、DXによる生産性向上やビジネスモデル改革が必須と考えられています。

未来推計

パーソル総合研究所「労働市場の未来推計2030」によると、2025年には505万人の労働人口が不足するといわれています。そのほか、経済産業省の「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」では、DXによる課題解決ができないと、2025年以降には最大12兆円/年の経済損失が発生すると示唆されています。

これは現在の約3倍の数値となるため、その重要性および危機感は多くの業界に浸透しています。

背景2ITスキルを持った人材の不足

人材不足

そもそもITスキルを持つ人材が不足している点も、ITパスポートなどの資格取得者の重要性を高める理由になっています。経済産業省の「IT 人材需給に関する調査」によると、いずれIT人材の需要は供給を上回り、2030年には最大で約79万人の人材不足に発展すると試算されています。DX推進に関連する人材不足も加速しており、企業にとってITスキルを持った人材を採用することは急務となっています。

このような状況から、IT人材向けにITパスポート試験が注目されており、試験を通したITリテラシー向上は企業のDX推進の基盤となり、企業価値向上や業務効率化に寄与します。

背景3ITリテラシー研修など企業研修も人気

ITスキルおよびITリテラシーを習得するために、昨今は企業研修を実施する方法も人気となっています。ITスキルを持つ人材を確保する際には、他企業と取り合いになる可能性が高いです。多くの時間とコストをかけたのに、他企業に人材を取られてしまうリスクが懸念されます。そこで企業研修を実施し、既存の従業員のITスキル・リテラシーを向上させる方法が注目を集めています。

ITリテラシーの企業研修には助成金も活用できるため、コストを抑えられる点も魅力です。低コストで高いスキルを持つ人材に成長する機会を得られる研修制度の活用は、企業にとっても従業員にとっても多くのメリットがあります。

背景4企業に向けてリスキリングも盛んに行われている

リスキリング

リスキリング(Reskilling)とは、新しい分野やスキルを取得することを指す言葉であり、主に企業が社員に研修を受けさせることを指します。人材不足や人的資本経営、柔軟なキャリア形成など市場環境が大きく変化したことでリスキリングの注目度が高まっています。

経済産業省は、リスキリングを通じた「キャリアアップ支援事業費補助金」の公募など助成金支援も行なっており、国内でもリスキリングが今後盛んに行われると考えられます。

IT教育やDXリテラシーを高めるメリット

メリット

IT教育やDXリテラシーを高めることには、さまざまなメリットがあります。具体的なメリットを確認しておくことで、明確な目的を持ってIT教育やDXリテラシーの向上を進められます。以下では、IT教育やDXリテラシーを高めることで得られるメリットを解説します。

メリット1社内のIT知識の水準を高めて生産性向上が期待できる

生産性向上

IT教育とDXリテラシーの向上には、社内全体のIT知識の水準を高める効果があります。IT知識の高まりは、結果的に生産性向上につながり、企業に多くのメリットを与えるでしょう。パソコンやスマートフォンをはじめとしたデジタル端末は、使う人次第で仕事に関わる多くの成果を引き出せます。

IT知識の高い従業員が増えれば、それだけデジタル端末や関連するソフト・アプリを有効活用できるようになり、生産性向上によるメリットを得られます。

メリット2セキュリティ上のリスクを避けられる

セキュリティ向上

IT教育とDXリテラシーを高めることは、セキュリティ上のリスクを避ける結果にもつながります。ITやDXに関する知識があれば、従業員自らがリスクのある行動を抑制できます。IT関連の知識が不足していると、記録媒体の紛失による情報流出や、サイバー攻撃の被害につながるミスなど、セキュリティリスクの高い行動を取ってしまう可能性があります。

普段からIT教育やDXリテラシーを高めて、セキュリティ意識を育てておくことが重要です。

IT教育の具体的な進め方

社内でIT教育を実践する際には、具体的な進め方を把握することがポイントです。見切り発車でIT教育を始めても、求める効果を得られない可能性が高いです。以下では、IT教育の具体的な進め方を解説します。

POINT1ITを教育・学ぶために必要な前提知識を確認する

IT教育を実践するための前提知識は、事前に確認して社内で共有する必要があります。どのようなIT教育があるのか、どんな環境で学ぶべきなのかなどを、話し合って決めておくことがポイントです。

POINT2知識レベルによってテーマを選定する

知識レベル

従業員の知識レベルに合わせてテーマを選ぶのも、IT教育を進める際の重要なプロセスです。従業員のIT知識が少ない場合は、初歩的な部分から学習を開始し、徐々に事業で活かせるレベルに内容を上げていく方法が考えられます。ある程度のIT知識がある場合には、明確な目標やテーマを先に決定し、専門スキルの習得などを目指すことが1つの方法です。

POINT3体系的にどのように学んでいくかロードマップを設定

ロードマップ

IT教育を進める際には、体系的に学んでいくためのロードマップの設定が必要です。関連するIT知識をバラバラに習得しても、事業で活かすのは難しいです。体系的に学べる形を先に作り、具体的なロードマップに沿って学習を進めていくのも基本になります。

ロードマップを作成するために、社内で中核となる人材を設置したり、研修講座を依頼したりすることも考えられます。

非技術職の社員にITパスポート研修を実施することも増えている

ITパスポート試験は、全社員のITリテラシー強化を望む企業や非技術職のIT教育を進めたい企業、DX推進を検討している企業に適しています。ITパスポート試験の受験者数は増加しており、非IT系企業や非技術職の受験者も増えています。

技術職の社員だけでなく、非技術職の社員も最低限のITリテラシーを身につけることでDX推進における社内浸透を効率的に実施できます。

KENスクールのITパスポート研修

ITパスポート資格は、その学習をすることで、現代社会では誰もが必要なITの基礎知識が身につき、その知識を証明できる資格です。近年は、職種を問わず、従業員全体で受講をする企業も増加しています。そのため、時間や場所を問わず研修が行えるよう、KENスクールのITパスポート研修は、Eラーニングにて提供しております。

KENスクール

Eラーニングなので、

  • 低コスト
  • 時間や場所にこだわらない
  • 反復学習が可能

等のメリットがあります。

試験内容の改定や更新があった場合も随時、対応しております。

KENスクールのITパスポート研修(一部抜粋)

研修講座名 研修期間
ITパスポート試験対策講座 Eラーニング(100h程度)
受講期間(最大6ヵ月間)

※その他、ご希望によりご相談可能です。詳細はお問い合わせください。

長期視点でITパスポートだけでは実践で活躍するには不十分なケースもある

ITパスポートは基礎知識を試される資格であるため、実践ではさらに踏み込んだ実務の知識が求められる可能性もあります。ITスキルを持つ人材として活躍してもらうためには、ITパスポート+aの資格・知識が必須と考えられます。ITパスポートを取得したあと、続いてさらに高度な資格の取得を目指すことがおすすめです。

まずは、ITパスポート研修から始める企業も多くいますが、その先にステップアップした研修も設定することがおすすめです。

KENスクールでは様々なITに関するコースを学習可能

KENスクール

ITパスポートおよびIT関連の資格取得を目指すのなら、「KENスクール」が提供するITコースでの学習がおすすめです。KENスクールはコンピュータ教育のパイオニアとして、35年以上も高度人材育成サービスを提供しています。時代のトレンドや最新知識・技術を取り入れて教育ノウハウを蓄積し、高いITスキルを持つ人材の育成を実現しています。

IT系講座には多数の種類があり、例えば以下の講座を受講できます。

※その他、ビジネスマナー、階層別研修などIT研修以外の研修も豊富に取り揃えております。

カウンセリング

KENスクールの講座は、カリキュラムのカスタマイズが可能です。「内定者」「新入社員」「新入社員フォローアップ」「IT未経験者」「中途採用者」「スキルアップ」「職種別」「従業員のIT・DXリテラシー」など、学習対象者のレベルや目的に合わせた研修をご提案いたします。

まずは、KENスクールの各種資料をダウンロードしてぜひお気軽にお問い合わせください。

IT教育・研修でよくあるご質問

よくある質問

IT教育や研修を実践する際には、「よくあるご質問」を事前に確認しておくこともおすすめです。以下では、IT教育・研修においてよくあるご質問をいくつか紹介します。

質問1どのような人が対象となりますか?

対象者は特定されていません。すでにエンジニアとして働いている方はもちろん、IT業界が初めてという方や、IT以外の業界で活躍している方にも、おすすめできる研修をご用意しています。

質問2受講における前提条件はありますか?

受講する人数や日程などに前提条件があるのか、確認をする企業も多いです。「KENスクール」では特別な前提条件を設けていないため、どのようなケースでも対応できます。

質問3具体的にどのような内容を学べますか?

具体的に学べる内容を把握したいというご質問もいただきます。「KENスクール」はこちらで学習範囲を公開しているため、事前に学べる内容を把握可能です。
また、ページに掲載のない講座もご用意しております。

ご希望、ご要望を、まずはお聞かせください。

まとめ

勉強

ITパスポートはITの基礎知識とITリテラシーを学ぶ際に、目標として設定しやすい資格です。ITについての基本を理解したい場合には、ITパスポートの取得を目指すのも1つの方法となっています。ITパスポートはIT初心者から合格を目指せる国家試験であり、ITの基礎を学ぶことができます。

これからの時代、ITスキルを持つ人材の価値は高まると予想されています。企業はIT人材不足に備えて、いまから必要な対策に取りかかることが求められるでしょう。対策の1つとして考えられるのが、IT関連スキル・資格の取得をサポートする講座・研修サービスの利用です。

受付

「KENスクール」が提供する各種研修・講座の活用は、社内全体のITスキルを上昇させ、事業に活かせる環境の整備につながります。この機会にKENスクールの講座や研修プランをチェックし、ぜひ社内のITスキル向上にご活用ください。

ITパスポート研修に関することならお気軽にご相談ください

  • お見積もりのご依頼やご相談をされたい方は、お問い合わせフォームをご活用ください。

    お問い合わせ

  • 社内でご検討されたい方のために、サイト上で掲載していない実績などをまとめたサービス資料をご用意いたしました。

    サービス資料を見る