1. 企業研修・法人研修トップ
  2. 研修講座一覧
  3. ネットワーク
  4. 2019年度新入社員向けネットワーク・サーバ総合講座

ネットワーク

2019年度新入社員向けネットワーク・サーバ総合講座

内容

・IT基礎からスタートし、ネットワークからサーバOSまで習得する講座です。
・他社採用新入社員との合同企業研修です。
・IT基礎からスタートしますので、前提知識にとらわれることなく誰もが学習できます。
・研修タイプは集合型です。
・ルータ、スイッチ実機演習や各Linuxサーバ、Windowsサーバの実機演習やトラブルシューティングなどのケーススタディを通して学習します。また、トレンドである仮想化環境の構築やチーム単位の構築演習も行います。
・個別指導日で進捗遅れを補う独自の工夫を行い、全員のスキル習得を目指します。
・終了時には個々の評価レポートを提出します。
※CCNA Routing and Switching認定の資格対策を含みます
※LPIC Level1認定(or LinuC)の資格対策を含みます

対象者

新入社員(2019年度)

期間(研修タイプ)

集合型 :
2019年度予定表 (52日*7.5h : 390.0h) ※(55日*7.5h : 412.5h)

通学型 :
学習開始随時受付 390-412.5h

日程

※2019年度の国民の休日が現在定まっておりません。4/30.5.1.2が該当します。
該当する3日が祝日想定でカリキュラムを組んでおりますが、
()の日程は祝日では無かった場合の日程となります。

【集合型】
2019年度予定表(52日*7.5h:390.0h) ※(55日*7.5h : 412.5h)

Cisco技術者養成講座(17日*7.5h:127.5h) ※(18日*7.5h:135.0h)
4/4.5.8.9.10.11.12.15.16.17.18.19.22.23.24.25.26
(4/4.5.8.9.10.11.12.15.16.17.18.19.22.23.24.25.26.30)

Linuxサーバ技術者養成講座(18日*7.5h:135.0h) ※(20日*7.5h:150.0h)
5/8.9.10.13.14.15.16.17.20.21.22.23.24.27.28.29.30.31
(5/1.2.8.9.10.13.14.15.16.17.20.21.22.23.24.27.28.29.30.31)

Windowsサーバ技術者養成講座(7日*7.5h:52.5h)
6/3.4.5.6.7.10.11

インフラ構築プロジェクト演習(10日*7.5h:75h)
6/12.13.14.17.18.19.20.21.24.25

【通学型】
学習開始随時受付 390-412.5h

学習範囲

【Cisco技術者養成講座】

■ネットワーク基礎

  • ネットワークシステムの概論
  • ネットワークの種類
  • 伝送方式
  • 通信プロトコル(OSI、TCP/IP)
  • LANの規格と構成要素
  • MACアドレス
  • ネットワーク機器の種類と動作
  • 伝送メディアの種類
  • 無線LAN概要
  • ネットワークサービス(DNS、Web、メール、FTP、クラウド)
  • トラブルシューティング
  • ネットワーク基礎確認テスト

■ICND1

  • OSI参照モデルとTCP/IP
  • LANテクノロジー
  • ネットワーク機器の基本操作(ログイン、モード切替)
  • 基本設定(ホスト名、パスワード、インタフェース、コンフィグの保存)
  • IPアドレッシング(サブネット、VLSM)
  • ルーティング基礎(用語の定義)
  • スタティックルーティング
  • ダイナミックルーティング概要
  • CIDR
  • RIPv2ルーティング
  • スイッチの基本機能
  • VLANの実装
  • トランクリンク
  • VLAN間ルーティング(Router on a stick)
  • スイッチポートセキュリティ
  • アクセスリスト
  • NAT
  • CDP/LLDP
  • DHCP
  • NTP
  • パスワード暗号化
  • SSH
  • ログインバナー
  • コンフィグ管理
  • IOS管理
  • ルータの起動プロセス
  • パスワードリカバリ
  • IPv6(特徴、アドレス構造、ルーティング設定)
  • トラブルシューティング手法
  • Appendix
  • CCNA Routing and Switching(ICND1)試験に向けての問題演習と解説

■ICND2

  • VTPを利用したVLAN管理(モード、パスワード、プルーニング、DTP)
  • VLAN間ルーティング(マルチレイヤスイッチの利用)
  • STP
  • RSTP
  • PVST+
  • PortFast
  • スイッチドネットワークの冗長化(EtherCannnel)
  • レイヤ3の冗長化(HSRP)
  • シングルエリアOSPF
  • マルチエリアOSPF
  • OSPFv3
  • EIGRP
  • EIGRP for IPv6
  • WANテクノロジー概要
  • PPP
  • PPPoE
  • VPN
  • GREトンネル
  • eBGPルーティング概要
  • QoS概要
  • ネットワークデバイスの管理(SNMP)
  • ネットワークデバイスの管理(TACACS+/RADIUS認証、802.1x認証など)
  • Appendix
  • CCNA Routing and Switching(ICND2)試験に向けての問題演習と解説

【Linuxサーバ技術者養成講座】

■コンピュータ基礎

  • 情報理論(2進数、基数変換、文字コード)
  • コンピュータの構成要素
  • 拡張インタフェース
  • 補助記憶装置
  • ソフトウェア概説
  • オペレーティングシステム
  • ソフトウェアインストールの流れ
  • ディスク管理
  • ファイル管理
  • ユーザーとグループの管理
  • プロファイル
  • 共有設定
  • バックアップ
  • コンピュータ基礎確認テスト

■仮想化技術

  • 仮想化概要
  • 仮想化のメリット
  • 仮想化ソフトの種類
  • 仮想マシンの基本操作

■LPIC101(※LinuC)

  • Linux概要
  • ディストリビューションとインストール
  • シェルの起動と基本操作
  • コマンドラインの基本操作
  • ファイル操作の基礎(ディレクトリの概念)
  • ファイル操作の基礎(ファイルの表示、メタキャラクタ、マニュアル)
  • テキスト処理コマンド1
  • テキスト処理コマンド2
  • viエディタの利用
  • 正規表現
  • 検索コマンド
  • ユーザーとグループの管理
  • 所有者管理とアクセス権の設定
  • プロセス管理
  • シェル変数と環境変数
  • 共有ライブラリとパッケージ管理
  • デバイスとファイルシステム(HDD、パーティション、ファイルシステムの作成と構成)
  • デバイスとファイルシステム(ファイルシステムの管理)
  • マウント
  • リンク
  • FHS
  • ディスククォータの管理
  • ブートローダー
  • システムアーキテクチャ(ハードウェア構成、起動とシャットダウン、SysVinit、systemd)
  • LPIC 101試験に向けての問題演習と解説(※LinuC)

■LPIC102(※LinuC)

  • シェルの機能(エイリアス、bash設定ファイル、シェルスクリプト)
  • ユーザーインタフェースとデスクトップ環境(X Window、アクセシビリティ)
  • ネットワーク管理(TCP/IP、IPアドレス、ポート番号、ネットワーク設定)
  • ネットワーク管理(ネットワーク管理コマンド、DNSの設定)
  • システム管理(ローカライゼーション、時刻管理、ジョブスケジューリング゙、ログ管理)
  • システム管理(メール管理、プリンタ管理)
  • データベースとSQL
  • OpenSSH
  • セキュリティ管理(ホストレベル、ユーザーレベル、GPGによる暗号化)
  • LPIC 102試験に向けての問題演習と解説(※LinuC)

    ■Linux Server

    • サーバとしてのインストール
    • 基本設定
    • ユーザー管理
    • ネットワーク設定
    • SSH
    • Webサーバの基本設定(Apache)
    • Webサーバの拡張設定(Apache)
    • FTPサーバ
    • ファイルサーバ(Samba)
    • DNSサーバ(BIND)の概要
    • DNSサーバの基本設定
    • DNSサーバの設定(ゾーンファイル他)
    • DNSサーバの動作検証
    • メールサーバ(Postfix)
    • メールサーバ(Dovecot)
    • Proxyサーバ(Squid)

    【Windowsサーバ技術者養成講座】

    ■Windowsサーバ構築

    • Windows Server 2012/R2の概要
    • インストール
    • サーバの初期構成
    • サーバの初期構成(役割と機能の追加、ストレージ関連)
    • サーバの初期構成(NICチーミング)
    • ネットワークサービスの構成(DHCPサーバ)
    • ActiveDirectoryの概要と構成
    • ActiveDirectoryの管理(ユーザー、グループ)
    • ActiveDirectoryの管理(OUの構成、コンピューターアカウントなど)
    • リソースの管理1(ファイルサーバの構成、アクセス権)
    • リソースの管理2(ディスククォータ、シャドウコピー等)
    • プリンターの管理(登録、ADへの公開、キューの管理等)
    • ポリシーとセキュリティ(GPOの作成と管理)
    • ポリシーとセキュリティ(監査・Windowsファイアウォール)
    • DNSの管理(インストールと構成、ゾーンの構成、ゾーン転送、フォワーダ等)

    ■情報セキュリティ基礎

    • 情報セキュリティの概要 ・脅威(不正アクセス、盗聴、マルウェア、脆弱性等)
    • 暗号技術とPKI(暗号鍵、電子署名、SSL)
    • セキュリティ対策(Firewall、アクセス制御、ウィルス対策、VPN等)
    • セキュリティポリシー策定
    • 情報セキュリティの国際基準と法規

    【インフラ構築プロジェクト演習】

    ■運用管理とプロジェクトマネジメント

    • ネットワークメンテナンス ・トラブルシューティング概要
    • プロジェクトマネジメントの概要 ・成果物の種類 ・スケジュール管理

    ■システム構築総合演習

    • 課題発表
    • チームミーティング(役割分担、システム内容の把握等)
    • 要件定義と不足情報の洗い出し
    • WBSとスケジュール作成
    • スケジュール作成
    • プロジェクト計画書/仕様書/設計書の作成
    • 作成した各種ドキュメントのレビュー
    • レビューに基づく修正等
    • 構成するネットワーク機器の準備(配線、基本設定)
    • 詳細設計
    • 構成する各種サーバの準備(PCの設置、環境整備等)
    • 要件に応じたネットワーク機器の設定/単体テスト
    • テスト結果に基づく報告書の作成と設定変更
    • 各種サーバの実装(インストール、基本設定、動作検証)
    • ADドメインの構成
    • 公開サーバへの機能追加(DNS)
    • 各サーバ機能の単体テスト
    • テスト結果に基づく報告書作成と設定変更等
    • 要件に応じた社内システムの構築/単体テスト
    • 公開サーバへの機能追加(Web)
    • 要件に応じた社内システムの構築/単体テスト
    • 公開サーバへの機能追加(メール他)
    • テスト結果に基づく報告書作成と設定変更等
    • 関連ドキュメントの修正
    • 作成ドキュメントと実装済みシステムの整合性チェック
    • 未実装の機能への対応
    • 作成済みドキュメントの修正
    • 構築済みシステムの総合テスト準備
    • 総合テストの実施
    • テスト結果に基づく報告書作成
    • 最終提出ドキュメントの作成とレビュー
    • レビューに基づく修正
    • 発表会資料の作成

    ■研修成果発表

    • 発表資料の最終チェック
    • 発表リハーサル
    • 作成した資料を基に成果発表
    • 研修総括
  • 前提条件

    研修費用

    ¥680,000(税抜き)

    備考

    ※ 各種助成金対応
    ※ オンサイト(1社向け研修)対応は別途ご相談ください。