1. 企業研修・法人研修トップ
  2. セミナー情報
  3. ~分かるヒントシリーズ~労働人口減少に対する、シニア人材の活用セミナー

~分かるヒントシリーズ~労働人口減少に対する、シニア人材の活用セミナー

PRポイント

企業が成長していく為には、若手と中堅社員だけでは人事が円滑には回りません。
シニア社員のノウハウや専門性などのパワーを活用し、気付く力を見極めることがポイントになるのです。このセミナーでは、シニア社員のエンプロイアビリティをアップする「気付きの研修」をご提案いたします。

講師

高橋 保雄(タカハシ ヤスオ)

アニモプラス株式会社 執行役員
ライフキャリアアドバイザー
インターンシップコーディネーター

専門商社で35年間人事の仕事を経て、首都圏の大学で特命教授、非常勤講師を歴任し、現在、二松学舎大学IS特講講師。若者を社会に送り出す側と受け入れる側の双方からの視点で、中小企業の採用と社員育成のコンサルティングを提供している。

概要

シニア社員のエンプロイアビリティをアップする「気付きの研修」をご提案するセミナーです。
企業には、若手、中堅、シニアの世代がいて、それぞれがコミュニケーションをとりながら仕事をしています。各世代の力がバランスよく運営されていれば問題はないのですが、いかんせん、世代間のミスマッチは起きてしまうものです。すると、いつのまにかシニア層が意識の外に置かれてしまうということが多々あります。多くの場合、シニア社員自身も社内のそのような風潮に流されて、どうせ俺たちは蚊帳の外だから、と貢献感を薄めてしまうのです。
企業が成長していく為には、若手と中堅社員だけでは人事が円滑には回りません。シニア社員のノウハウや専門性などのパワーを活用することがポイントになるのです。
そこで、企業の成長にはシニア社員の活力を引き出すための下地作りを始めることが第一の条件となります。下地作りとは、本人が会社に貢献しているのだという貢献感を持てるようにすることであって、言い換えると、企業は、シニア社員のそのような気づく力を見極めることが不可欠です。つまり、シニア社員の育成は、この気づきからスタートします。このセミナーは、下地づくりをどのようにするかということを中心に進みます。

開催日時
2019年9月4日(水) 16:00〜17:30 ※セミナーは終了いたしました
申込締切日
2019年8月28日(水) ※受付は終了いたしました
受講料
無料
会場名
KENスクール 新宿本校
プログラム

1. シニアのキャリアデザイン3つのケース。
・事例を知る

2. キャリアデザイン「気付きの研修」を行う。
・これは、早期退職の勧めや転職の勧めではないことを強調することが不可欠
・社内での次世代へ技能・技術を継承してもらうすべであることを明確にする

3. 「モチベーションアップ研修」を行う。
・定年後継続雇用、給与体系の説明、仕事の変更など必要事項の説明会を開く。

4. 定年後の人生設計の講座を開く。
・定年間近の社員を対象に開く。

過去のセミナー動画

  • 90分でわかる中小企業のための工夫する新卒採用対策セミナー 高橋講師

    90分でわかる中小企業のための工夫する新卒採用対策セミナー 高橋講師